スポンサーサイト

Posted by YOU on --:-- --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1kg鉄と1kg鉄!!

Posted by YOU on 22:09 15.2010 おもしろ 1 comments 0 trackback
12月15日

1kgの鉄と1kgの鉄はどちらが重い?
完全に同質量の鉄同士を持ってきて比較したらどうだろう。

無論、
両者が同じ重量になることはない。
2つの鉄を同じ位置に重ねて置けない以上、
環境の違いによる微細な影響がある。
例えば、
自転による遠心力の効果だ。
1nmでも赤道に近い方が軽い。
遠心力は赤道で重力の3000ppm(0.3%)に達する。
他にはちょっと思いつく範囲で

 1.表面吸着や洗浄による影響
  (真空中に置かれたキログラム原器ですら~0.06ppm)
 2.地球中心から離れることによる重力の低下:0.2ppm/m
  (机の高さで結果が変わる。)
 3.湿度の影響や熱膨張、気圧の変化
 4.気流の乱れ、照明などによる上昇気流
 5.重力異常 (~100ppm)
 6.太陽や月の影響、地面振動の影響
 7.近くの物体からの重力:機械、人、机、建物
 8.照明器具から受ける光子の圧力
 9.表面電荷の違いや地磁気の影響
10.温度(熱運動)による質量の増加、
  相対論的効果:1℃上昇する毎に水素原子3兆個分(4pg)重くなる。
11.重力波:極めて僅かな影響だが0ではない
12.環境放射線、宇宙線、54Feの寿命(10^22.5年以上)

2つの鉄の重さをぴったり合わせるよう環境を制御するのは至難。
綿同士はたぶんさらに難しい。
(1kgの完全に乾燥した綿を気温20℃・湿度65%の場所に放置すると
 自重の8.5%(公定水分率)の水を吸うから)
スポンサーサイト

▶ Comment

4℃が一番重い!!
2010.12.16 00:13 | URL | KEEEN #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fistofmc.blog85.fc2.com/tb.php/2765-ee446100
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。